結婚式のお礼状は何時までに出すか

冠婚葬祭の行事には、お礼状が付き物です。
ただ、形式として決まりがある訳ではありません。
来場者にお礼の文面を手渡して済ませるやり方もある一方、一人ひとり丁寧にお礼のあいさつを手書きすることもあります。
どちらの方法にせよ、来場者に礼を尽くすことが目的です。
最近では、前者のやり方が主流ですが、特にお世話になった人には、改めてのお礼状も必要でしょう。
そして、お礼の手紙なりはがきを送るタイミングですが、既に挨拶状を手渡しているのであれば、それほど早急でなくとも構いません。
結婚式のお礼であれば、新婚旅行から帰ってきた時に、旅行の感想などを添えて文面を飾れば、相手に好印象を持たれます。
そして、少し間を置くことで、相手にも気持ちの余裕を与えることになります。
あらたまったお礼状は、決して急ぐことはありませんが、相手の気持ちが覚めていない内に送ることも大切です。
何事もタイミングが大事なのです。
今後、長くお付き合いする人であれば、猶更です。

Copyright結婚 All Rights Reserved.

結婚